2020年度基礎研修Ⅱ・Ⅲ開催のお知らせ

2020年度の基礎研修Ⅱ及び基礎研修Ⅲの開催案内を掲載しました。

詳しくはこちら(基礎研修Ⅱ基礎研修Ⅲ)をご覧ください。

の開催概要

場所
日時1   

公開日:

災害福祉支援委員会学習会

災害支援における社会福祉士の役割を考える
~令和元年東日本台風災害の支援実践から~ 

 

 県内各地に多くの被害をもたらせた令和元年東日本台風災害から1年が経過しました。この災害では、災福ネット(長野県災害福祉広域支援ネットワーク協議会)設立後、「長野県福祉ふくしチーム」が初めての派遣となり、避難所にて多職種による相談支援や要支援者を関係機関へつなぐ多機関連携の調整が行われました。
 また、各地に設置された災害ボランティアセンターでは、被災者が住み慣れた地域にて、自宅を直接訪問するアウトリーチを徹底した相談支援と、把握したニーズをボランティア・NPOにつなぐコーディネーションが展開されました。
 そして、これらの活動に多くの会員が参加をし、災害支援の現場にソーシャルワークの力が不可欠であることが示されました。
 今回の学習会では、こうした被災地における相談支援と生活支援の取り組みをふりかえり、社会福祉士のさらなる役割と機能について学習します。

 

1 日 時

  ①2020年12月2日(水) 18:30~20:30
  ②2020年12月5日(土) 13:30~15:30
  ※どちらか可能な日程にご参加ください。

2 方 法

   Zoomアプリによるオンライン

3 内 容

  講義・演習「災害支援における社会福祉士の役割を考える」
    ~相談支援・参加支援・地域づくりの充実に向けて~
    【講師】石井布紀子氏(NPO法人さくらネット代表理事)
     ※災福ネット・長野県ふくしチーム養成研修講師
      災害ボランティアセンター支援プロジェクト会議 幹事
    【実践報告】「令和元年東日本台風災害の支援活動」
       本会災害福祉支援委員会 委員

4 申込方法

  長野県社会福祉士会事務局(info@nacsw.jp)まで、
  ①研修名、②参加希望日、③氏名、④所属、
  ⑤Zoom参加可能メールアドレス、

  ⑥電話番号(アクセス障害時連絡用)を明記のうえ、
  11月25日までにメールにてお申し込み

  ください。
  参加者には、事前にメールにてZoom接続用URLと
  学習会の資料をお送りします。

 

5 案内チラシ

       災害福祉支援学習会

の開催概要

場所
日時1   

公開日:

2016年度 基礎研修2開催

1 趣   旨

 昨年度より日本社会福祉士会の生涯研修制度が見直され、研修の課程は基礎課程と専門課程の2つの課程になります。
 基礎課程は、基礎研修Ⅰ~Ⅲからなり、社会福祉士として必要な基礎知識を3年間かけて学んでいく入口の研修で、その後の専門研修の受講や認定社会福祉士資格を取得するためには欠かせない研修となっています。
 今回の「基礎研修Ⅱ」は、基礎研修Ⅰ修了者を対象にして、社会福祉士として共通に必要な実践の基礎的知識や技術について、1年間かけて自己学習やレポート、集合研修により学ぶ研修です。基礎Ⅰ研修に比べてさらに実践的な内容になっています。

 

2 受講対象者

  会員・非会員を問わず全て社会福祉士のうち、次に該当する者を対象とします。
   ・平成24年度以降に基礎研修Ⅰを修了した者
   ・平成25年度以降に基礎研修Ⅱを受講し修了しなかった者

3 研修プログラム及び開催日程

  研修会場:松本市総合社会福祉センター(松本市双葉4-16)
        松本市浅間温泉文化センター(松本市浅間温泉2丁目6番1号)
  研修プログラム:
   ① 集合研修 5月7日(土)~1月7日(土)までの9日間
          (詳細な日程は講義日程表参照)
   ② 自宅学習による課題提出

※なお、山梨県、新潟県など、他都道府県での振り替え受講が可能です。その場合、協定により山梨県及び新潟県では追加の受講料は必要ありませんが、東京都等の他都道府県では必要になる場合があります(必ず事務局へご相談ください)。
※基礎研修Ⅰ~Ⅲについては、一連の研修として位置づけられており、全てを受講することで修了認定がなされます。受講期間については今までは基礎研修Ⅰ~Ⅲ、各カリキュラムに1年間の期間延長が認められていましたが、期間延長が緩和され、基礎研修Ⅰ~Ⅲを6年間で修了すれば良いという形に変更されました。

4 定  員

    60名

5 受講料

   会 員 20,000円(ただし、期間延長が適用される方は無料です。)
   非会員 30,000円(ただし、入会手続き中の方は会員扱いとします。)

6 申込期限

    平成28年3月31日(木)(必着)

2016年基礎研修Ⅱ開催通知

2016年度基礎研修2講義日程表

2016年度 基礎研修2 の開催概要

場所 松本市総合社会福祉センター、松本市浅間温泉文化センター
日時1 2016/05/07(土)   
日時2 2016/06/11(土)   
日時3 2016/07/02(土)   
日時4 2016/08/07(日)   
日時5 2016/09/03(土)   
日時6 2016/10/02(日)   
日時7 2016/11/05(土)   
日時8 2016/12/10(土)   
日時9 2017/01/07(土)   

公開日:

2016年度 基礎研修3開催

1 趣   旨

 日本社会福祉士会の生涯研修制度が見直され、基礎課程は、基礎研修Ⅰ~Ⅲからなり、社会福祉士として必要な基礎知識を3年間かけて学んでいく入口の研修で、その後の専門研修の受講や認定社会福祉士資格を取得するためには欠かせない研修となっています。
 今回の「基礎研修Ⅲ」は、基礎研修Ⅱ終了者を対象にして、社会福祉士として共通に必要な実践の基礎的知識や技術について、1年間かけて自己学習やレポート、集合研修により学ぶ研修です。基礎研修Ⅰ~Ⅲの一連の研修カリキュラムの最終課程にあたります。

2 受講対象者

  会員・非会員を問わず全て社会福祉士のうち、次に該当する者を対象とします。
   ・平成25年度以降に基礎研修Ⅱを修了した者
   ・平成27年度以降に基礎研修Ⅲを受講し修了しなかった者

3 研修プログラム及び開催日程

  研修会場:松本市総合社会福祉センター(松本市双葉4-16)
        松本市浅間温泉文化センター(松本市浅間温泉2丁目6番1号)
  研修プログラム:
   ① 集合研修 5月7日(土)~2月11日(土)までの10日間
          (詳細な日程は講義日程表参照)
   ② 自宅学習による課題提出

※なお、山梨県、新潟県など、他都道府県での振り替え受講が可能です。その場合、協定により山梨県及び新潟県では追加の受講料は必要ありませんが、東京都等の他都道府県では必要になる場合があります(必ず事務局へご相談ください)。
※基礎研修Ⅰ~Ⅲについては、一連の研修として位置づけられており、全てを受講することで修了認定がなされます。受講期間については今までは基礎研修Ⅰ~Ⅲ、各カリキュラムに1年間の期間延長が認められていましたが、期間延長が緩和され、基礎研修Ⅰ~Ⅲを6年間で修了すれば良いという形に変更されました。

4 定  員

    50名

5 受講料

   会 員 30,000円(ただし、期間延長が適用される方は無料です。)
   非会員 45,000円(ただし、入会手続き中の方は会員扱いとします。)

6 申込期限

    平成28年3月31日(木)(必着)

2016年基礎研修Ⅲ開催通知

2016年度基礎研修3予定表

2016年度 基礎研修Ⅲ の開催概要

場所 松本市総合社会福祉センター、松本市浅間温泉文化センター
日時1 2016/05/07(土)   
日時2 2016/06/11(土)   
日時3 2016/07/02(土)   
日時4 2016/08/07(日)   
日時5 2016/09/03(土)   
日時6 2016/10/02(日)   
日時7 2016/11/05(土)   
日時8 2016/12/10(土)   
日時9 2017/01/07(土)   
日時10 2017/02/11(土)   

公開日:

平成28年度 長野県高齢者虐待対応現任者標準研修開催

平成28年度 長野県高齢者虐待対応現任者標準研修の開催

高齢者虐待防止法に基づく虐待対応機関である市町村、地域包括支援センター職員と助言等を担う保健福祉事務所等の職員を対象に、養護者及び施設従事者等による高齢者虐待に適切な対応が図られるよう基礎知識と対応の考え方について学び、専門的視点や技術を習得し、実践力の向上を目的とした研修を開催します。

日時(3日間の研修)

講義(共通) 平成28年6月27日(月)9:30~16:15(受付開始9:10)
演習1(従事者虐待) 平成287月 8日(金)9:30~16:15(受付開始9:10)
演習2(養護者演習) 平成28年7月12日(火)9:30~16:15(受付開始9:10)

※演習は、講義を受講された方を対象に、より実践に近いかたちで進める研修です。 演習1・演習2は、両方又はいずれかを選択して受講することができます。

会場

長野県総合教育センター 第一研修室

受講者

  1. 養護者及び養介護施設従事者等による高齢者虐待を担う市町村職員
  2. 養護者及び養介護施設従事者等による高齢者虐待を担う地域包括支援センター職員
  3. 保健福祉事務所職員
  4. 高齢者虐待対応等に関わる社会福祉士及び弁護士

受講料

無料(テキスト代 2,000円)

定員

150名(定員になり次第締め切り)

申込方法

下記様式により6月13日(月)までに、市町村・地域包括支援センターの方は、長野県健康福祉部介護支援課へFAXまたは Eメールにより申込み。それ以外の社会福祉士、弁護士は様式2により、長野県社会福祉士会にFAXにより申込み ※詳しい内容は下記要領をご確認ください。

※広報紙に同封した申込書の日付が間違っていました。正しくは6月27日です。

 

市町村・地域包括支援センター都道府県のための養護者による高齢者虐待対応の手引

平成22年3月に社団法人日本社会福祉士会において、厚生労働省老人保健健康増進等事業で策定した「市町村・地域包括支援センター都道府県のための養護者による高齢者虐待対応の手引き」をダウンロードすることができます。

市町村・都道府県のための養介護施設従事者等による高齢者虐待対応の手引

「市町村・都道府県のための養介護施設従事者等による高齢者虐待対応の手引き」をダウンロードすることができます。

平成28年度 長野県高齢者虐待対応現任者標準研修開催 の開催概要

場所 長野県総合教育センター 第一研修室
日時1 2016/06/27(月)    9:30~16:15
日時2 2016/07/08(金)    9:30~16:15
日時3 2016/07/12(火)    9:30~16:15

公開日:

2016年度 成年後見人養成研修(委託集合研修)の開催

 成年後見人養成研修(委託集合研修)は、日本社会福祉士会の委託によって実施される研修です。修了者は権利擁護センターぱあとなあ成年後見人候補者名簿に登録することになります。受講は社会福祉士会会員に限ります。

1.研修目的
 社会福祉士の成年後見人候補者として必要な知識・技術等の習得を図り、権利擁護センターぱあとなあ後見人候補者名簿に登録し、受任できる者を養成する。

2.日時
  ・1日目 2016年 7月10日(日) 9時30分~16時30分
  ・2日目 2016年 8月27日(土) 9時30分~16時50分
  ・3日目 2016年 8月28日(日) 9時30分~16時40分
  ・4日目 2016年10月22日(土) 9時30分~16時40分
  ・5日目 2016年10月23日(日) 9時30分~16時40分

3.会場
  (1日目)  松本市なんなん広場(松南地区公民館)
  (2~5日目)松本市総合社会福祉センター

4. カリキュラム(予定) カリキュラム表参照
  (1)講義・演習等:5日間30時間
  (2)事前課題:指定する7科目は「事前課題」を提出して頂きます。

5.受講要件 次の要件すべてを満たす者
  (1)長野県社会福祉士会及び山梨県社会福祉士会に所属する会員
  (2)研修修了後、権利擁護センターぱあとなあに「名簿登録」し、「受任」できる者   (3)都道府県の会長が成年後見活動に資すると認める者
  (4)カリキュラムの「全課程を出席」できる者
  (5)基礎研修1を受講済みである者、若しくは2011年度までの旧基礎研修を受講済みである者

※(5)の受講要件について、2017年4月1日以降、基礎研修の修了要件は「基礎研修3修了」となります。 なお、旧基礎研修制度の共通研修課程修了による基礎課程免除者は、2017年度以降も基礎研修に関する受講要件を満たします。「旧基礎研修のみの修了」及び「旧基礎研修免除」のみで、旧生涯研修制度共通研修課程修了が1回もない場合は、2017年度以降基礎研修に関する受講要件を満たしませんので、ご注意ください。

6.受講対象支部及び定員
  長野県社会福祉士会40人、山梨県社会福祉士会10人

7.受 講 費
  50,000円(別途市販テキスト代、約14,000円が必要となります。)

8.申込
  下記の申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、長野県社会福祉士会事務局にお申込ください。

◆申込締切り 5月16日(月)(郵便は消印有効、FAXは必着)
    ※定員となり次第締め切ります。

2016年度 養成研修開催要項(Word)
2016年度 養成研修カリキュラム(PDF)
2016年度 養成研修申込書(Word)

成年後見人養成研修(委託集合研修) の開催概要

場所 (1日目)松本市なんなん広場(松南地区公民館)  (2~5日目)松本市総合社会福祉センター
日時1 2016/07/10(日)    9:30~16:30
日時2 2016/08/27(土)    9:30~16:50
日時3 2016/08/28(日)    9:30~16:40
日時4 2016/10/22(土)    9:30~16:40
日時5 2016/10/23(日)    9:30~16:30

公開日:

南信地区(上伊那ブロック)学習会のお知らせ

南信地区(上伊那ブロック)学習会のお知らせ

「地域に根ざし開かれた老人保健施設へ」
~男性介護者の会等の取組から~

 

 古畑氏は地域のために何かしたいという想いから、平成23年に地域包括支援センターと共同し、男性介護者の会を立ち上げて活動を行っています。行政が主催し開催している介護者の会は、参加者のほとんどが女性であったために、男性介護者にどう参加してもらうか、孤立しないようにと、男性に限定した会になりました。
 このような取り組みは、老人保健施設はびろの里にも変化が生まれました。要介護者の家族から直接、話が聞けることで、施設の事務長として地域への視野が広げられる場となったことから、在宅復帰の強化を目指す施設にかじを切ることを方針化しています。
今後も、地域のためにできることを考え、老人保健施設の立場から地域包括ケアに取り組んでいきます。
 今回、このような取り組みについて話を伺うことによって、それぞれの立場から地域のためにできることを考える機会にしたいと思います。
大勢の皆様のご出席をお待ちしております。

■日 時:7月20日(水) 午後7時から午後8時30分まで
■場 所:伊那市福祉まちづくりセンター(伊那市山寺298-1)
■内 容:『地域に根ざし開かれた老人保健施設へ ~男性介護者の会等の取組から~』
■参加費:無 料
■申 込:不 要
■問い合わせ mail:inacsw@gmail.com 上伊那ブロック運営委員 原 智美 まで

南信地区(上伊那ブロック)学習会 の開催概要

場所 伊那市福祉まちづくりセンター
日時1 2016/07/20(水)    午後7時から午後8時30分まで

公開日:

2016年度 基礎研修1の開催

1 研修実施の趣旨

 日本社会福祉士会の生涯研修制度が見直され、研修の課程は基礎課程と専門課程の2つの課程になります。
 基礎課程は、基礎研修Ⅰ~Ⅲからなり、社会福祉士として必要な基礎知識を3年間かけて学んでいく入口の研修で、その後の専門研修の受講や認定社会福祉士資格を取得するためには欠かせない研修となっています。
 1年目の「基礎研修Ⅰ」は、社会福祉士が倫理綱領を持つ意味や現場における社会福祉士の役割などについて、1年間かけて自己学習やレポート、集合研修により学ぶ研修です。

2 受講対象者

会員・非会員を問わずすべての社会福祉士のうち、次の①から⑤に該当する者を対象とします。
①2016年4月以降に入会した新会員
②2016年3月以前に入会した会員のうち、公益社団法人日本社会福祉士会の定める旧生涯研修制度の共通研修課程修了申請に関する経過措置の対象とならない会員
③もう一度基礎から学びたい会員
④2015年度に基礎研修Ⅰの受講申込み手続きが終了しているが、講座未終了の方
④その他の社会福祉士

3 研修プログラム及び開催日程

①事前課題の作成 提出締切(受講決定後連絡します)
②集合研修1

平成28年7月23日(土) 9:30~16:30
安曇野市豊科ふれあいホール

③中間課題の作成 提出締切(集合研修1受講時に連絡します)
④集合研修2 平成28年10月30日(日) 9:30~16:30
松本市総合社会福祉センター

5 定  員

 70名(ただし、受講希望者多数の場合は抽選とします)

6 受 講 料

  会 員    5,000円
  非会員  10,000円(ただし、入会手続き中の方は会員扱いとします。)

7 申込期限

  平成28年5月27日(金)(必着)

2016年度基礎研修1 の開催概要

場所 (1日目)安曇野市豊科ふれあいホール (2日目)松本市総合社会福祉センター
日時1 2016/07/23(土)    9:30~16:30
日時2 2016/10/30(日)    9:30~16:30

公開日:

災害福祉支援フォーラムのお知らせ

ソーシャルワーカーデー企画

 『災害福祉支援フォーラム』

~災害派遣福祉チーム(DWAT)の立ち上げを目指して~

 

 熊本地震をはじめ災害が相次ぐ中で、障がい者、高齢者など災害時用配慮者への支援の必要性が改めて明らかになっています。
 医療分野においては、災害派遣医療チーム(DMAT)が迅速に派遣され、被災地自治体・避難所においても支援を受け入れる仕組みが定着しています。
 長野県社会福祉士会では、ソーシャルワーク関係4団体と共同主催により、災害派遣福祉チーム(DWAT)の立ち上げをテーマにしたフォーラムを、ソーシャルワーカーデー企画として開催します。
 被災地に速やかに派遣され、被災地の福祉専門職に寄り添う形で、その後の福祉の応援体制につなげていく、岩手県のDWATの取り組みに学びます。
 広く防災、福祉関係者のご参加をお待ちしております。

■日 時:7月23日(土) 13:00~16:30

■場 所:長野県看護協会会館(松本市旭2-11-34)

■内 容:『熊本地震支援活動レポート』(2団体)

     『岩手県災害派遣福祉チームの立ち上げと定着に向けた取り組み』

       講師:都築光一(東北福祉大学総合福祉学部教授)

     パネルディスカッション

■参加費:無 料

■申 込:チラシ裏面の参加申込書をファックス送信又は、下記お申込みフォームにてお申し込みください。

■問合せ:長野県社会福祉士会事務局
     〒380-0836 長野市南県町685-2 長野県食糧会館6F
     TEL:026-266-0294  FAX:026-266-0339

 災害福祉支援フォーラム案内チラシ

災害福祉支援フォーラム の開催概要

場所 長野県看護協会会館
日時1 2016/07/23(土)    13:00~16:30

公開日:

平成28年度 社会福祉士実習指導者講習会開催

平成28年度 社会福祉士実習指導者講習会開催要領

相談援助実習の受入は、実習指導者の「養成講習会」修了が義務付けられています。
平成28年度社会福祉士実習指導者講習会を開催しますご参加ください。
(この講習会は、実習指導者の要件を満たす講習会として厚生労働省に届出済み)

□ 日  時  平成28年7月30日(土)・31日(日)

□ 会  場  長野大学(〒386-1298 上田市下之郷658-1)

□ 定  員  40人

□ 日程内容
◇ 2日間の集合研修
  ① 実習指導概論 ② 実習マネジメント論 ③ 実習プログラミング論
  ④ 実習スーパービジョン論
◇ 事前課題の提出(事前課題は、受講決定時に通知)

□ 申込方法等
①受講資格 社会福祉士であり、実習指導未経験で今後実習指導をする予定がある者
       事前課題の提出をし、受講料を納入された方

② 受 講 費  社会福祉士会会員:10,000円 非会員(社会福祉士):20,000円
   ※ テキスト代別、社会福祉士会に入会手続き中の場合は会員扱い。
   ※ テキスト代:会員特価 2,332円 一般価格 2,592円(受講決定通知後各自で購入)
     『社会福祉士実習指導テキスト 第2版』(中央法規出版、2014年)

③ 申込方法 受講申込書に必要事項を記入の上、メールあるいは郵送・FAXにてお申込ください。

④ 添付書類   社会福祉士会会員以外の方は必ず「社会福祉士登録証」のコピー

⑤ 受付期間  6月1日(水)~6月30日(木)
  ※ 受講定員を超えた場合は、原則会員を優先し、資格取得年等を考慮し受講者を決定。
  ※ 実習指導経験のある方、今後実習指導をする予定の方は受講申込書の9(実習指導との関わり)及び所属長の証明欄を記入の上申込んでください。

9 受講可否の通知
  受講決定は順次文書にて行います。
  併せて、事前課題、会場案内、受講費の納入方法、キャンセルの扱い、テキストの購入等通知

10 修了の認定
  ① 全科目の受講が必須。遅刻・早退がある場合は修了不可
  ② 修了者には、研修終了後修了証を発行。実習指導者になるには修了証が必要

11 問合せ・申込み先  長野県社会福祉士会事務局 担当者:関
  TEL:026-266-0294   FAX:026-266-0339  E-mail:info@nacsw.jp

実習指導者講習会開催要領
受講申込書

平成28年度 社会福祉士実習指導者講習会 の開催概要

場所 長野大学
日時1 2016/07/30(土)    9:45~18:00
日時2 2016/07/31(日)    9:00~17:15

公開日:

1 / 1512345...10...最後へ »