高齢者虐待対応現任者標準研修

平成28年度 長野県高齢者虐待対応現任者標準研修の開催

高齢者虐待防止法に基づく虐待対応機関である市町村、地域包括支援センター職員と助言等を担う保健福祉事務所等の職員を対象に、養護者及び施設従事者等による高齢者虐待に適切な対応が図られるよう基礎知識と対応の考え方について学び、専門的視点や技術を習得し、実践力の向上を目的とした研修を開催します。

日時(3日間の研修)

講義(共通) 平成28年6月27日(月)9:30~16:15(受付開始9:10)
演習1(従事者虐待) 平成287月 8日(金)9:30~16:15(受付開始9:10)
演習2(養護者演習) 平成28年7月12日(火)9:30~16:15(受付開始9:10)

※演習は、講義を受講された方を対象に、より実践に近いかたちで進める研修です。 演習1・演習2は、両方又はいずれかを選択して受講することができます。

会場

長野県総合教育センター 第一研修室

受講者

  1. 養護者及び養介護施設従事者等による高齢者虐待を担う市町村職員
  2. 養護者及び養介護施設従事者等による高齢者虐待を担う地域包括支援センター職員
  3. 保健福祉事務所職員
  4. 高齢者虐待対応等に関わる社会福祉士及び弁護士

受講料

無料(テキスト代 2,000円)

定員

150名(定員になり次第締め切り)

申込方法

下記様式により6月13日(月)までに、市町村・地域包括支援センターの方は、長野県健康福祉部介護支援課へFAXまたは Eメールにより申込み。それ以外の社会福祉士、弁護士は様式2により、長野県社会福祉士会にFAXにより申込み ※詳しい内容は下記要領をご確認ください。

※広報紙に同封した申込書の日付が間違っていました。正しくは6月27日です。