地区活動

2019.7.30南信地区南信州ブロック学習会のお知らせ

お知らせ, 南信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

各種病棟の特徴とMSWの関わり方について

 

 今回は、「各種病棟の特徴とMSWの関わり方について」と題し、輝山会記念病院 医療福祉相談室MSWの田原 健一会員に講師をお務めいただきます。皆様のご参加をお願い申し上げます。

1 日 時

  2019年7月30日(火) 19:00~

2 会 場

  さんとぴあ飯田 第一学習室(飯田市東栄町3108-1)

3 講 師

  田原 健一 氏 (輝山会記念病院医療福祉相談室) 

4 参加費・申込

  無料・不要

5 案内チラシ

       2019.7.30南信州ブロック学習会

2019.8.24東信地区学習会+交流会のお知らせ

お知らせ, 地区活動, 東信地区, 研修会・学習会

投稿日:

社会福祉士の経験談や想いを聴こう!

1 日 時

  2019年8月24日(土) 14:30~17:30

2 会 場

  浅間総合病院中央等4階 講堂

3 内 容

 【第1部:社会福祉士の経験談や想いを聴く】
  〇樋沢 省吾 氏 (浅間総合病院)
  〇金箱 翼  氏 (小諸市社会福祉協議会)
  〇小林 彩子 氏 (ピアサポートセンター中込)
   各分野でご活躍されている社会福祉士の方々の経験談やその仕事に
  対する想いを聴くチャンスです。

   お話を聴いて、参加者同士で社会福祉士の役割や専門性について、
  意見交換などを行います。

 【第2部:会員交流会】
  会場 :中華料理 桃花
  参加費:4,000円
   困ったときに助けてくれるのは仲間です。
   横のつながりを作りましょう。

  ※平成28年度以降入会・入会希望の方には割引があります。

4 申込締切

  下記申込書にて、8月8日(木)までにお申し込みください。

5 案内チラシ

       2019.8.24東信地区学習会

2019.8.4東信地区学習会のお知らせ

お知らせ, 地区活動, 東信地区, 研修会・学習会

投稿日:

スクールソーシャルワークの現場から

  

 今回の東信地区学習会では、子どもを取り巻く様々な問題に対して、学校や学校外の専門機関と連携・協働していくキーパーソンとして活動する、スクールソーシャルワーカーの実践報告を中心に学びを深めて行きます。子どもが健全に育っていく為に必要な支援環境のあり方を、様々な立場から検証します。
 関心のある方はどなたでもご参加いただけます。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。

1 日 時

  2019年8月4日(日) 9:30~11:30

2 会 場

  小諸市民交流センター 第3会議室
  (小諸市相生町三丁目3番3号)

3 報告者

  羽田 由紀 氏 (東信教育事務所)

4 内 容

  SSWの役割・現場の実情と課題の報告&グループで話し合い

5 申込締切

  下記申込書にて、7月25日(木)までにお申し込みください。

6 案内チラシ

       2019.8.4東信地区学習会

2019.7.24南信地区上伊那ブロック学習会のお知らせ

お知らせ, 南信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

『福祉まるごと学会を振り返る』
~実践研究発表者として参加して~

 

 今年の上伊那ブロック学習会は「権利擁護」「相談援助」「地域支援」をテーマに福祉活動委員が中心となって学習会を計画していきます。
 今回、役員改正後の初めての学習会ですが、先日6月8日に行われました福祉まるごと学会にて実践研究発表を致しました上松さんを講師に迎え、実践研究の必要性、伝える大切さ、苦労裏話についてお話し頂きます。是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

1 日 時

  2019年7月24日(水) 19:00~20:30

2 会 場

  伊那市社会福祉協議会(伊那市山寺298番地1)
  福祉まちづくりセンター ふれあい~な

3 講 師

  上松 幸代 氏 (特養みさやま 生活相談員) 

4 参加費・申込

  無料・不要

5 案内チラシ

       2019.7.24上伊那ブロック学習会

2019.7.25南信地区諏訪ブロック学習会のお知らせ

お知らせ, 南信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

成年後見活動から考える『意思決定支援』

 社会福祉士は、福祉に関する事柄を多岐に学んでいるため、福祉とその他の制度や法律との調整役として多くの人が働いています。その中で、成年後見人を受任する社会福祉士は、介護サービスと医療サービスとの連携や行政の制度を上手く活用して生活を安定させていく事が得意とされ、細かな法律については法律家に勝てませんが、連携する事が得意な社会福祉士は法律家と協力して解決する事であらゆる問題解決を行っています。
 また、成年後見の業務は、財産管理と身上監護の二つを持って行う事と法律で定められ、財産管理だけを重点に置けば良いというものではありません。身上監護、すなわち生活面のサポートであり、日々暮らしていく中で最も重要な要素であることから、社会福祉士が果たす役割は大きいと考えられます。そのため、成年後見人を受任した社会福祉士は、社会資源を大いに活用しながら本人の生活の安定を図り、その人らしい生き方をサポートしていくことが求めれれます。
 成年後見利用促進法が施行され、権利擁護を取り巻く環境が変化する時代において、意思決定支援や合理的配慮などのキーワードは、他の専門職後見人とは異なる専門性を発揮できる視点でもあります。
 ぱあとなあながのの会員として、また成年後見活動から感じている『意思決定支援』の在り方について課題を提起し、グループワークを通じて理解を深めます。

1 日 時

  2019年7月25日(木) 19:00~20:30

2 会 場

  茅野市ひと・まちプラザ 3階会議室

3 問題提起

  本会ぱあとなあながの 北原 俊憲 

4 問い合わせ

  茅野市社会福祉協議会 (0266-73-4431)

5 案内チラシ

       2019.7.25諏訪ブロック学習会

1 / 1612345...10...最後へ »