北信地区

北信地区ひよこ部会企画「社会福祉士会ってなんぞや? ~説明会&交流会~」

お知らせ, 北信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

 社会福祉士ってどんな会なの?
 いつか入会しようと思ってはいるけれど…
 入会したけれど、活動に全然参加できていないなあ…
 そんなあなた! 一歩踏み出すチャンスです。

1.開催日時

   平成29年9月16日(土)
     説明会:15:30~  交流会:18:00~

2.説 明 会

  (1)会 場:長野市ふれあい福祉センター 4階和室
  (2)説明会①:社会福祉士会の基礎を学ぼう!
     講師:青柳 與昌氏(長野県社会福祉士会 副会長)
     説明会②:先輩に聞いてみよう!
     講師:澁澤 昌也氏(長野市社会事業協会)

3.交 流 会

  (1)会 場:「魚民」長野千歳町通り店(長野市南千歳878)
  (2)会 費:3,400円(飲み放題)

4.対 象 者

   社会福祉士会について知りたい方
   社会福祉士を目指している方(学生さんも大歓迎)
   社会福祉士の資格保持者で、長野県社会福祉士会に加入していない方
   長野県社会福祉士会に加入していて、活動に参加できていない方
   繋がりをつくりたい方

5.申 込 み

   下記申込書により、月13日(水)までにメール(info@nacsw.jp)またはFAX(026-266-0339)でお申し込みください。

6.申 込 書

   ひよこ部会企画「社会福祉士ってなんぞや」申込書

 

北信地区・福祉活動委員会地域福祉部会共同学習会「全世代・全対象型地域包括支援体制の構築に向けて」のお知らせ

お知らせ, 北信地区, 研修会・学習会

投稿日:

北信地区・福祉活動委員会地域福祉部会共同学習会

“全世代・全対象型地域包括支援体制の構築に向けて”
 ~複合的かつ多様な課題に社会福祉士としてどう向きあう~

 

●福祉ニーズは多様化・複雑化しています。
 「要介護の親と無職でひきこもり状態にある子ども」、「障害者手帳を取得していないが障がいが疑われる人」などの支援

●ニーズに応じた適切な支援体制が求められています。
 多様化・複雑化した福祉ニーズの中で、すべての人が年齢や状況を問わず、その一人ひとりのニーズに応じた適切な支援を受けられる「全世代・全対象型地域包括支援体制」の構築

●今、‟社会福祉士”としてどう向き合うか、意義と役割を問い、学びます
 相談援助の専門職である‟社会福祉士”として「複合的かつ多様な問題を抱えているが故に支援につながっていない」課題にどう向き合うべきか。そして、地域に必要な社会資源をどのように創出していくべきか。社会福祉士の立場を踏まえ、その意義と責務を共に学ぶ

1.日  時

  平成29年9月1日(金) 19時00分~21時00分

2.会  場

  長野市ふれあい福祉センター 5階ホール
   (長野市大字鶴賀緑町1714番地5)

3.内  容

  第一部:
   講義『複合的かつ多様化するニーズとどう向きあう(仮)』

   講師 田村 満子 氏
    (日本社会福祉士会元副会長、大阪社会福祉士会相談役ほか)

  第二部:
   演習『高齢介護者とひきこもりの息子の事例(仮)』

4.定  員

   100人(申込順) ※参加費無料

5・申し込み

   下記の申込書をダウンロードのうえ、必要事項を記入し、8月24日までに事務局へFAX(026-266-033)又はメール(info@nacsw.jp)でお申し込みください

 

6.お問合せ

   長野県社会福祉士会事務局 電話:026-266-0294

 

7.申 込 書

   H29.9.1 北信地区・地域福祉部会共同企画申込書

 

北信地区シンポジウム「子どもに寄り添う支援とは」

お知らせ, 北信地区, 研修会・学習会

投稿日:

「子どもに寄り添う支援」とは
― 子どもの貧困と地域支援について考える ―

1.趣旨

 今日、子どもの6人に1人が貧困と言われています。
 同時に、子どもの貧困は、子どもを取り巻く様々な環境が大きく影響しているとも言われています。
 そんな中、教育、医療、福祉の現場でも、子どもの貧困に対して様々な支援が始まっており、私たち社会福祉士としてもアクションを起こすことが求められています。
 「見えにくく」、それゆえに「難しい」。しかし、絶対に必要な「子どもに寄り添う支援」について一緒に考えてみませんか?

2.日 時

 平成29年2月25日(土) 13:00~16:00(受付開始12:30)

3.会 場

 長野市柳原公民館 大学習室

4.内 容

 第一部 基調講演
  「子どもに寄り添う支援とは」(仮)
   講師:山下 英三郎氏
      (日本社会事業大学 名誉教授、日本スクールソーシャルワーク協会 名誉会長)

 第二部 パネルディスカッション
  テーマ「現場からの発信 – 私たちの取組み、そして願い -」

  パネリスト:島田 和政氏(長野市立綿内小学校教諭 社会福祉士)
        渡邉 貴之氏(板倉レディースクリニック副院長)
        田中 沙織氏(池田町 社会福祉士)
  コーディネーター:内田 宏明(県社会福祉士会福祉活動委員会委員長)

 5.申込み

 以下の申込書をダウンロードのうえ、FAXまたはメールでお申込みいただくか、お申込みフォームにてお申込みください。

6.定員

  100名

7.問合せ

 公益社団法人長野県社会福祉士会
  TEL:026-266-0294 FAX:026-266-0339
  E-mail:info@nacsw.jp

 

北信地区シンポジウム申込書

各地区総会のご案内

お知らせ, 中信地区, 北信地区, 南信地区, 地区活動, 東信地区

投稿日:

この記事の閲覧にはログインが必要です。

北信地区学習会 我が事・丸ごとの事業展開を目指す『総合事業』とは

お知らせ, 北信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

 介護保険制度の地域支援事業への移行が平成29年度末までに行われます。地域包括ケアシステムの構築に向けた、新しい介護予防・日常生活支援総合事業(以下、「総合事業」)は市町村が中心となって、要支援者の多様なニーズに要支援者の能力を最大限活かしつつ、多様なサービスを提供する仕組みであるため、地域の実情の把握とともに、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することが重要であり、社会福祉士として果たすべき役割が大いにあります。
 今回の学習会では、総合事業の概要及び事例を学び、社会福祉士として地域の支え合い体制づくりを新たな制度の中でどのように推進し、要支援者に対する効果的かつ効率的な支援を提案していくかをそれぞれの立場で考えます。

1.日 時:1月19日(木) 18:30から20:00
2.会 場:長野市ふれあい福祉センター 4階会議室3
3.講 師:長野県社会福祉協議会 平塚直也氏(長野県社会福祉士会会員)
      信濃町社会福祉協議会 佐藤恵里氏(長野県社会福祉士会会員)
      長野市地域福祉ワーカー 黒岩秀美氏(長野県社会福祉士会会員)
4.申込み:氏名および連絡先を明記のうえ、1月16日(月)までに以下の支部役員のいずれかにメールにてお申し込みください。
   ・長峰夏樹 E-mail:naga252@gmail.com
   ・山本杉樹 E-mail:shizuyo-land@yacht.ocn.ne.jp
   ・野口一輝 E-mail:k-matumoto@csw-naganocity.or.jp
   ・澁澤昌也 E-mail:ituwaen-1@nagano-shajikyo.or.jp

平成28年度北信地区学習会_地域福祉部会

2 / 3123