2021.7.11 「ソーシャルワーカーの使命・専門性・可能性」を考えるフォーラムのお知らせ

コロナ禍とメンタルヘルス
~ソーシャルワークの可能性~ 

 現代は、様々な社会的要因や社会環境の変化により、人々の生活の課題は複雑になり、誰にも困難が生じうる時代です。われわれソーシャルワーカーは、どのような状況においても、個人の尊厳やその方らしい生活を守るべく、課題を抱える方とともに、改善・解消に取り組んできました。
 今年度の長野県ソーシャルワーカーデーは、コロナ時代を引き継ぐソーシャルワークの可能性を見出すべく、フォーラムを開催します。シンポジウムを通じて、医療・福祉・教育など多領域の課題を共有し、現代の社会的課題であるメンタルヘルスにも焦点を当てながら、ソーシャルワークの視点で考えていきます。

1 日 時

  2021年7月11日(日) 13:15~16:30
  (Zoom受付12:45~)

2 開催方法

   Zoomウエビナーによるウエブ開催

3 内容

 *講演    13:15~
 「メンタルヘルス・自殺予防とソーシャルワーク」
  講師 福島喜代子 氏(ルーテル学院大学総合人間学部教授)
 *シンポジウム14:40~
 「コロナ禍とメンタルヘルス」
  シンポジスト 上條 通夫氏(本会会長)
         塩原さとみ氏(南長野医療センター篠ノ井総合病院)
         鈴木由美子氏(公立大学法人長野大学社会福祉学部
                            准教授)
         佐藤みずき氏(長野県立こころの医療センター
                            駒ヶ根)
  アドバイザー 福島喜代子氏(前掲)
  進行役    二宮 美和氏(長野県精神保健福祉士協会)

 

4 定員・参加対象等

  定員100名
  一般の方どなたでも・学生・ソーシャルワーカー
  参加無料

6 申込方法

  下記チラシのQRコードまたは長野県精神保健福祉士協会HP
  申込専用フォームへ入力・送信ください。
  折り返し自動配信メールにて当日参加URLをお送りします。

5 申込締切

  2021年7月9日(金)  

6 案内チラシ

「ソーシャルワーカーの使命・専門性・可能性」を考えるフォーラム の開催概要

場所 オンラインフォーラム
日時1 2021/07/11(日)    13:15~16:30

公開日:

1 / 11