2021.1.15累犯障がい者・高齢者の支援を考えるセミナー

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

「累犯障がい者・高齢者の支援を考えるセミナー」 

 

 刑務所などの矯正施設から出所する障がい者や高齢者が、出所後、福祉サービス等につながり、安定して地域で暮らし続けるためには、受入施設や事業所、福祉行政、相談支援機関等の理解と協力が不可欠です。また、高齢者や障がい者の被疑者・被告人段階での、司法関係者による支援や連携も強く求められています。
 このような状況の中、本セミナーは、現在長野県から受託している再犯推進モデル事業(フラップネット)
の最終年活動の締めくくりも兼ね、累犯・触法障がい者・高齢者の支援を考えるために開催します。

1 日 時

  2021年1月15日(金) 13:00~15:10

2 方 法

   Zoomアプリを利用したオンライン研修

3 内 容

  行政報告:片岡 洋 氏
       (長野保護観察所 統括保護観察官)
  実践報告:「地域生活定着支援センターにおける累犯
        障がい者の福祉支援」
       石川 貴浩 氏
       (本会会員・県地域生活定着支援センター長)
  講演:「人はなぜ薬物依存症になり、いかにして回復するのか」
  講師:松本 俊彦 氏
    (国立精神・神経医療研究センター病院
     薬物依存症センター センター長)  
  

4 申込方法

  下記チラシ参照
  1月8日(金)までに送信してください。
  後日、こちらからメールで当日参加リンクURLを送信します。

5 参加費・定員

  参加費:無料
  定員:100人

6 案内チラシ

       2020.累犯セミナーチラシ

累犯障がい者・高齢者の支援を考えるセミナーの開催概要

場所
日時1 2021/01/15(金)