お知らせ

東信地区学習会「発達障がいを支える制度の理解と活用」のお知らせ

お知らせ, 地区活動, 東信地区, 研修会・学習会

投稿日:

発達障がいを支える制度の理解と活用
     ~実践者の視点から~

 昨今発達障がい支援をめぐっては、社会問題化されておりメディアで取り上げられることも増えています。長野県社会福祉士会東信地区福祉活動委員会では、年間を通じて「発達障がい」をテーマに学びを深めていくことになりました。
 今回は、「NPO法人たんと。相談支援事業所TAKUMI」相談支援専門員飯島尚高氏をお迎えします。発達障がいを持つ子どもが成人になるまでの“個人”と係わり、その時々に必要な制度を探りながら支援を組み立ててきた実践と、そこから見えてくる課題等についてお話ししていただき、学びと理解を深めていきたいと思います。

1 日 時

  平成29年10月28日(土) 15:00~17:00

2 会 場

  小諸市民交流センター 第6・7会議室

3 講 師

  飯島 尚高 氏
  (特定非営利活動(NPO)法人たんと。
   相談支援事業所TAKUMI  相談支援専門員)

4 定 員

  50名

5 申 込

  下記の申込書をダウンロードのうえ、FAXかメールでお申し込みください。

6 締切り

  10月18日(水)

 

2017年度「社会福祉士全国統一模擬試験」開催のお知らせ

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

2017年度「社会福祉士全国統一模擬試験」

 公益社団法人長野県社会福祉士会では「全国統一模擬試験」を下記のとおり実施致します。
 この模擬試験は、本試験に準拠した出題形式であることから、毎年多くの受験者より高い評価を受けております。受験へのステップ、そして本試験での雰囲気に慣れておくという意味からも大いに期待出来ます。回収したマークシートは、電算処理後にご自宅に返送致しますが、偏差値や全国レベルでの順位表も同封致しますので、実力判断も出来ます。
 尚、希望者には試験終了後、ポイント解説・講義も予定しています。多くの皆様のお申し込みをお待ちしております。

1.日 時

  平成29年12月10日(日) 9:20~14:35

2.会 場

  長野大学

3.日 程

  受付 8:30~8:55
  試験 9:20~14:35(昼休憩1時間)
  試験問題ポイント解説・講義 15:00~19:00
                     ※希望者のみ

4.受講料

  6,500円(解答処理付き)
  ※精神保健福祉士国家試験受験者は4,500円(午前のみ受験)

5.定 員

  100名

6.申込方法

 下記開催要項を参考に必要事項を往復はがきに記入し、お申込みください。また、申込時に要項に記載されている口座へ受講料をお支払い下さい。入金を確認後、受験票を郵送いたします。

 

7.開催要項

  H29全国統一模擬試験開催要項

「成年後見制度活用講座」のお知らせ

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

平成29年度 福祉関係者のための成年後見制度活用講座

1.目 的

 高齢になっても障がいがあっても、その人らしく安心して暮らしていくことが願いです。超高齢社会の進行、障がい者の地域移行が進む中で、判断能力が十分でない方の権利擁護のために、身上監護や財産管理等を行う成年後見制度の活用が求められています。
 この講座は、主に福祉関係者を対象に成年後見制度等の基礎知識・実務を学ぶことを目的に開催します。

2.日 時

  平成29年10月25日(水) 午前10時から午後4時
       10月26日(木) 午前10時から午後3時30分

3.会 場

  ビレッジ安曇野

4.内 容

  講義及び事例検討(詳しくは下記要項をご覧ください)

5.定 員

  100名

6.受講費

  会 員:4,000円(テキスト代含む)
  非会員:7,000円(テキスト代含む) 

7.申込み

  下記申込書に必要事項を記入のうえ、FAX(026-266-0339)にてお申し込みください。お申し込み後、上記受講費を要項に記載の口座にお振り込みください。受講費の振込みを持って受講決定とさせていただきます。受講決定通知等はお送りしませんのでご了承ください。

8.申込締切

  10月13日(金)

9.要項兼申込書

  H29 活用講座実施要項兼申込書

 

「我が事・丸ごとの地域包括ケアを考える」長野県地域包括ケア推進研修のお知らせ

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

 我が事・丸ごとの地域包括ケアを考える
  ~ それぞれの役割と取組みから ~ 

1.目 的

 厚生労働省は、年齢や障がいの有無などによらず、すべての人が自分らしく、役割を持ちながら社会参加できる地域共生社会の実現を目指し、「我が事・丸ごと地域共生社会実現本部」を設置しました。
 現場では、「地域」という言葉をキーワードに、高齢者福祉・障がい者福祉・生活困窮者支援・成年後見等権利擁護など、それぞれが縦から横の関係を構築し、『一人ひとりが自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる』支援体制を構築することが求められています。
 長野県における地域包括ケアをより一層推進するため、それぞれの分野で活躍する支援者が集い、改めて「地域包括ケア」の根幹を学び、また、支援者の役割を理解し、「地域包括ケア」の実現に向けた研修会を開催します。

2.主 催

  公益社団法人 長野県社会福祉士会

3.共 催

  長野県

4.日 時

  平成29年9月28日(木) 午後1時~午後4時30分

5.会 場

  長野県総合教育センター 講堂

6.内 容

  【講演】“我が事・丸ごとの地域包括ケアの推進に向けて”
  【講師】田村 満子 氏
     (有限会社たむらソーシャルネット代表・
              大阪社会福祉士会相談役ほか)

  【シンポジウム】地域包括ケアの実現に向けて
  【シンポジスト】佐々木 公子 氏
            (佐久市中込・野沢地域包括支援センター)

          吉澤 利政 氏(ほっとらいふ相談室)
          市瀬 邦子 氏(まいさぽ飯田)
          立石 武彦 氏(茅野市役所地域福祉課生活福祉係)

7.定 員

   200人

8.参加費

   無 料

9.申 込

  下記申込書をダウンロードのうえ、必要事項を記入しFAX(026-266-0339)またはメール(info@nacsw.jp)でお申込みください。

10.案内チラシ兼申込書

   H29 地域包括ケア研修会申込書

北信地区学習会「生活困窮者支援の現状と課題」のお知らせ

お知らせ, 北信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

社会福祉法人の社会貢献活動としての
生活困窮者支援の現状と課題

 社会福祉法改正により社会福祉法人は、これまで以上に「地域における公益的取組」の責務を問われています。今回の学習会では、先駆的に生活困窮者支援に取り組まれる中で、子どもの貧困に向かい合うこととなった社会福祉法人 長野市社会事業協会の食糧宅配支援についてご報告をいただきます。それを受けて、これからの社会貢献のあり方を考えたいと思います。

1.日 時

  平成29年10月13日(金) 午後7時~午後8時30分

2.会 場

  長野市ふれあい福祉センター4F 会議室2

3.内 容

①「長野県内の子どもの貧困状況について
          ~子ども白書の取り組みから~」
   曲渕 紀子さん(本会福祉活動委員会子ども家庭部会長)
②「社会福祉法人の社会貢献活動としての生活困窮者支援の現状と課題」
   青柳 與昌さん
     (本会副会長・長野社会事業協会ななせ仲まち園施設長)

4.申込み

 下記申込書をダウンロードのうえ、必要事項を記入し、FAX(026-266-0339)またはメール(info@nacsw.jp)でお申込みください。

5.案内チラシ兼申込書

  北信地区学習会(2017.10.13)申込書