お知らせ

平成29年度 ぱあとなあながの4地区全体研修会のお知らせ

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

平成29年度 権利擁護センターぱあとなあながの4地区全体研修会

1.趣 旨

 本会は、地域において社会福祉士としての役割が明確になり活動の幅を広げることになりました。その中で、ぱあとなあながの会員の果たす役割は一層重要になっています。このような状況の中で専門性の向上、スキルアップを図ることを目的に研修会を開催します。

2.日 程

  昨年全体研修を受講しなかった方・これから受任予定の方向け

経験問わず、  全会員の方。
受任・未受任問いません。

9:15 午前の部 受付 13:00 午後の部 受付
9:45 開会 13:35

科目4「福祉サービス利用における実務と留意点」
グループワーク・講義

9:55

科目2「受任直後の事務」
グループワーク・講義

11:25 休憩 15:05 休憩
11:35

科目3「後見実務と記録」
講義・実習

15:15

科目5「後見人の倫理」
グループワーク・講義

12:35

午前の部 終了
(昼食休憩)

16:45 閉会

 

3.日時会場

  期 日 会  場
東信 12月17日(日) 東御市総合福祉センター
南信 1月13日(土) 茅野市文化センター
中信 1月20日(土) なんなん広場(松南地区公民館)
北信 2月4日(日) 長野市ふれあい福祉センター

 

4.受講対象者

   権利擁護センターぱあとなあながの会員

5.受講料

   無 料

6.申込方法 

下記の案内をダウンロードのうえ、申込書によりFAXもしくはメールにてお申込みください。なお、申し込み後に決定通知はお送りいたしませんので、当日そのままご参加ください。

7.申込期限

   東信:12月11日(月)  南信:1月 5日(金)
   中信: 1月12日(金)  北信:1月29日(月)

8.案内チラシ

9.事前課題様式

 

 

平成30年度福祉まるごと学会実践研究発表について

お知らせ

投稿日:

 

平成30年度福祉まるごと学会実践研究発表について

 

1.学会趣旨

 社会福祉を取り巻く環境が大きく変化する中、より複雑化・多様化する福祉課題の解決を目指し、社会福祉士として新たな実践モデルの展開が求められています。社会福祉士として実践を言語化することは、自身と会員相互の社会福祉実践の技量向上、さらには県内の福祉課題を社会に提言する機会となります。
 本学会は、会員の多様な社会福祉実践の研究発表を行い、社会福祉士としての専門性を会員相互に再考するとともに、県民の人権と社会正義に則り、社会福祉の推進を目的に開催します。

2.企画運営

  長野県社会福祉士会・福祉まるごと学会運営委員会

3.応募資格  

①原則として長野県社会福祉士会の正会員であること。
②共同研究・発表も可能ですが、本会の正会員がいること。
③「7要件手続」に従い、講座受講や提出物を期日までに提出できること。
※応募者が多数の場合は、基礎研修Ⅲを修了した方を優先する。

4.募集内容

 実践研究発表の分野等は、生涯研修制度の6領域とする。
 (1) 募集人数 18人(6領域×3人)
 (2) 募集内容 
 ① 権利擁護
 (実践と課題、多職種連携、虐待対応、権利擁護への住民参加など)

 ② 生活構造
 (生活とは、自立とは、参加とは何か等社会福祉士の役割など)

 ③ 相談援助
 (援助困難事例、専門職のジレンマ、アウトリーチの実際など)

 ④ 地域支援
 (地域のサポート体制、多職種ネットワーク、社会資源創設活動など)

 ⑤ 福祉経営
 (法人の現状と課題、人事考課、リスクマネジメント、経営実践など)

 ⑥ 実践研究
 (実践活動と評価、災害ボランティア、累犯障がい者支援など)

 

5.応募方法

  様式1により原則Eメールにて申込みください。

6.応募期限

   平成30年2月28日(水)

7.要件手続

 ① 専門研修「社会福祉士の研究発表・まとめ方講座」に参加
 ② 講座に基づき、第1回実践研究発表原稿提出
 ③ 添削後、5月初旬までに応募者に返送
 ④ 添削後の第2回 実践研究発表原稿提出

8.発表日時

  平成30年6月9日(土) または16日(土)
          13:00~15:00 長野市内

  ①発表時間は、原則20分+質疑応答5分。移動時間は5分とする。
  ②発表の開始時間・会場は、応募内容により学会運営委員会が決定する。

9.奨励賞

   会員の応募を奨励するために奨励賞(賞状・記念金品)を贈呈
 ①奨励賞の贈呈審査対象者は、学会運営委員会が決定する。
 ②審査方法、奨励賞等詳細は、学会運営委員会で検討する。

10.募集要項・様式

東信地区シンポジウム「発達障がいへの理解と支援について考える」のお知らせ

お知らせ, 地区活動, 東信地区, 研修会・学習会

投稿日:

東信地区シンポジウム「発達障がいへの理解と支援について考える」

1.趣 旨

 発達障がいは地域社会の中で十分に理解されているとは言い難く、子育て、教育、地域生活などのさまざまな場における現状と課題について考える必要があります。発達障がいを取り巻く課題は日常的に目に見えにくい部分もあり、その実情を知るとともに、それぞれの立場で私たちに何ができるのかをともに考える機会にしたいと思います。

2.日 時

  平成30年2月24日(土)13:00~16:00

3.会 場

      小諸市市民交流センター ステラホール
         (小諸市相生町3-3-3)

4.内 容

 Ⅰ 基調講演:川島良雄氏(長野大学社会福祉学部 教授)
 「発達障がいへの理解、地域における課題、
           社会的養護について(仮題)」

 Ⅱ パネルディスカッション:
 「地域での現状と課題を知り、今出来ることを考えよう!」

  コーディネーター:端田篤人氏長野大学社会福祉学部 准教授)
  パネリスト:神原久美子氏(蓮の音こども園園長・
          相談支援センターほっと所長兼相談支援専門員)

  パネリスト:佐藤もも子氏(東御市社会福祉協議会まいさぽ東御                    主任相談支援員)ほか

5.参加費

  無 料

6.申込方法 

添付申込書により2月20日(火)までにFAXもしくはメール(info@nacsw.jp)にてお申込みください。

7.案内チラシ

北信地区「長野の医療・福祉現場における『保証問題』を考えるセミナー」のお知らせ

お知らせ, 北信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

北信地区「長野の医療・福祉現場における『保証問題』を考えるセミナー」

1.趣 旨

 現在、少子化高齢化の進展並びに社会環境の変容により、単身世帯の増加、親族の減少と関わりの希薄化といった状況が顕著になっています。これにより医療・福祉の現場では「入院や入所の際の身元保証問題」が大きな問題となっています。
 本セミナーは、権利擁護事業に携わる関係者が一堂に会し、当該問題に関しての現状と課題について共有し、今後の在るべき地域像の共有とそれに向けた連携の在り方について確認することを目的として開催するものです。

2.日 時

  平成30年2月17日(土)13:00~16:00

3.会 場

      児童発達支援センター「にじいろキッズらいふ」
          (長野市若里6-6-14)

4.内 容

 『第1部 基調講演』
  テーマ:「身元保証の光と影-成年後見制度を踏まえ-」
  講 師: 熊田 均 氏(弁護士:愛知県 熊田法律事務所)
 『第2部 シンポジウム』
  テーマ:「長野における保証問題の現状と今後の展望」 

5.参加費

  無 料

6.申込方法 

添付申込書により2月9日(金)までにFAXもしくはメール(info@nacsw.jp)にてお申込みください。

7.案内チラシ

中信地区全体研修会「地域共生社会の実現にむけて」のお知らせ

お知らせ, 中信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

中信地区全体研修会「地域共生社会の実現むけて~福祉専門職として いかに取り組むか~」

1.趣 旨

 少子高齢化・人口減少が進み、地域の持続可能性の危機がさけばれる昨今、福祉ニーズは多様化・複雑化し、高齢/障がい/児童等の制度・分野ごとの「縦割り」では解決できない課題が顕在化しています。国は「我が事・丸ごと」地域共生社会の実現を福祉改革のコンセプトに据え、動き始めました。このような状況の中、私たち社会福祉士はじめ福祉専門職は、地域においてどのような役割をはたしていけばよいか考えてみたいと思います。

2.日 時

  平成30年1月28日(土)14:00~16:45

3.会 場

      松本大学5号館522教室

4.内 容

 『第一部 事例報告』
  地域共生社会の実現に向けた社会福祉士の取り組み
 ①ひきこもり経験者として、専門職としての課題と今後について
  磯田 一馬 さん (長野県社会福祉士会 福祉活動委員)
 ②生活困窮者支援とフードドライブの活動について
  村上 晴久 さん (松本市社会福祉協議会 まいさぽ松本 センター長)
 『第二部 基調講演』

  「地域共生社会の実現とソーシャルワーク」
  講師: 原田 正樹 先生(日本福祉大学学長補佐・社会福祉学部教授)

5.参加費

  無 料

6.申込方法 

添付申込書により1月21日(日)までにFAXもしくはメール(info@nacsw.jp)にてお申込みください。

7.案内チラシ