お知らせ

2018(平成30)年度 基礎研修Ⅰ開催

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

2018(平成30)年度の基礎研修Ⅰの開催案内を掲載しました。

詳しくはこちら(基礎研修Ⅰ)をご覧ください。

 

平成30年度 社会福祉士実習指導者講習会開催

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

 平成30年度 社会福祉士実習指導者講習会開催

 相談援助実習の受入は、実習指導者の「養成講習会」修了が義務付けられています。
 平成30年度社会福祉士実習指導者講習会を開催しますご参加ください。
 (この講習会は、実習指導者の要件を満たす講習会として厚生労働省に届出済み)

□ 日  程  平成30年6月30日(土)・7月1日(日)

□ 会  場  長野大学(〒386-1298 上田市下之郷658-1)

□ 定  員  40人

□ 日程内容
◇ 2日間の集合研修

  ① 実習指導概論 ②実習マネジメント論  ③ 実習プログラミング論
  ④ 実習スーパービジョン論
◇ 事前課題の提出(事前課題は、受講決定時に通知)

□ 申込方法等
①受講資格

 ・社会福祉士であり、実習指導未経験で今後実習指導をする予定がある者
 ・事前課題の提出をし、受講料を納入された方

②受講費  社会福祉士会会員:10,000円
     非会員(社会福祉士):20,000円

 ※ テキスト代別、社会福祉士会に入会手続き中の場合は会員扱い。
 ※ テキスト代:会員特価 2,332円
         一般価格 2,592円(受講決定通知後各自で購入)

  『社会福祉士実習指導テキスト 第2版』(中央法規出版 2014年)

③ 申込方法
  受講申込書に必要事項を記入の上、メールあるいは郵送・FAXにてお申込ください。

④ 添付書類
    社会福祉士会会員以外の方は必ず「社会福祉士登録証」のコピー

⑤ 申込締切  6月1日(金)
※ 受講定員を超えた場合は、原則会員を優先し、資格取得年等を考慮し受講者を決定。

※ 実習指導経験のある方、今後実習指導をする予定の方は受講申込書の9(実習指導との関わり)及び所属長の証明欄を記入の上申込んでください。

9 受講可否の通知
  申込期限後に、事務局から受講決定通知(受講証)、受講料振込口座等を郵送いたします。

10 修了の認定
  ① 全科目の受講が必須。遅刻・早退がある場合は修了不可

  ② 修了者には、研修終了後修了証を発行。実習指導者になるには修了証が必要

11 問合せ・申込み先  長野県社会福祉士会事務局 担当者:関
  TEL:026-266-0294   FAX:026-266-0339
  E-mail:info@nacsw.jp
  

2018年度 実習指導者講習会要領

2018年度 成年後見人材育成研修(旧成年後見人養成研修)・名簿登録研修開催

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

  2017年度より、成年後見人養成研修が新研修に移行しました。新研修では、成年後見制度を活用する社会福祉士が受講可能な「成年後見人材育成研修(以下「人材育成研修」)」と、成年後見人等として実務を担う社会福祉士成年後見等受任候補者の養成を目的とする成年後見人名簿登録研修(以下「名簿登録研修」)の2つに分かれています。
 「人材育成研修」は、日本社会福祉士会からの委託研修です。4日間で修了し、生涯研修制度の2単位、認定社会福祉士制度の分野専門研修2単位(高齢分野)として認証されています。
 「名簿登録研修(受講には人材育成研修の修了が必須)」は、日本社会福祉士会の運営指針に基づき、長野県社会福祉士会が実施する研修で、成年後見人等として実務を担う、ぱあとなあ名簿に登録を希望する会員が対象の研修です。

1 研修目標

(1)専門職後見人としての社会福祉士が身につけるべき知識・技術を修得し、権利擁護センターにおける成年後見人としての一定の力量を確保すること。
(2)地域で相談援助にあたる者が、成年後見制度活用の知識、技術を修得すること。
(3)成年後見人等として実務を担う社会福祉士成年後見等受任候補者を養成すること。

2 日 時

人材育成研修 1日目 7月28日(土) 9:30~17:00
2日目 7月29日(日) 9:30~16:50
3日目 9月8日(土) 9:30~16:40
4日目

9月9日(日)

10:00~16:10
名簿登録研修 10月13日(土) 9:30~17:00

※名簿登録研修は、人材育成研修修了者で名簿登録希望者のみ対象

3 会場

  松本市松南地区公民館 会議室4

4  カリキュラム(予定) カリキュラム表参照

  (1)講義・演習等
  (2)事前課題

5 受講要件

  (1)長野県社会福祉士会及び山梨県社会福祉士会に所属する正会員
  (2)日本社会福祉士会の基礎課程(基礎研修Ⅰ~Ⅲ)を修了している者、若しくは日本社会福祉士会の旧生涯研修制度の共通研修課程を1回以上修了している者
  (3)カリキュラムの全課程を出席できる者

6 受講対象支部及び定員

  長野県社会福祉士会 25名・山梨県社会福祉士会 5名

7 受 講 費

  人材育成研修 : 50,000円(別途市販テキスト代、約14,000円が必要となります。)
  名簿登録研修 : 無料

8.申込み

  下記の申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、長野県社会福祉士会事務局にお申込ください。

◆申込締切り 5月25日(金)(郵便は消印有効、FAXは必着)
    ※定員となり次第締め切ります。

 

 

 

重度障がい児者フォーラム 「伝えあい、わかり合い、支えあえる地域で共に生きたい」のお知らせ

お知らせ, 南信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

重度障がい児者フォーラム
「伝えあい、わかり合い、支えあえる地域で共に生きたい」

 

 飯伊地域でうまくいっていることを知り、これからよりよいものにするために何が必要かを考えます。
 「みんなが集まれば知恵と力が生まれる」ことを信じて、重度障がいの理解や障がい児者支援の理解を深め、連携と情報共有のあり方を探っていきます。
 そして、地域支援向上につながることを目指し、下記のとおり開催します。社会福祉士会員の皆様、そして多くの皆様のご参加を心からお待ち申し上げます。

1.日 時

  平成30年6月23日(土) 13:00~16:30

2.場 所

  飯田市立病院 南棟3階講義室(飯田市八幡438)

3.内 容(予定)

  第一部:『今、私たちで出来ていることは?~現状を知ろう~』
   第二部:「地域生活支援拠点事業について」
       松澤 陽子氏(飯伊圏域障がい者総合支援センター)
      「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定について」
       亀井 智泉氏
      (信州大学医学部新生児学・療育学講座特任助教、
         長野こども療育推進サークルゆうテラス代表)
  第三部:グループディスカッション 

 

4.参加費

   無  料

 

5.申込方法

下記申込書をダウンロードのうえ、6月15日(金)までにFAX(026-266-0339)にてお申込みください。

 

6.問合先

  公益社団法人 長野県社会福祉士会
  TEL:026-266-0294  FAX:026-266-0339

7.その他

重度障がい児の託児を若干名ですが、対応します。ご希望の方は、申込書にその旨ご記入ください。
 

8.案内・申込書

平成30年度 長野県高齢者虐待対応現任者標準研修の開催

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

平成30年度 長野県高齢者虐待対応現任者標準研修の開催

高齢者虐待防止法に基づく虐待対応機関である市町村、地域包括支援センター職員と助言等を担う保健福祉事務所等の職員を対象に、養護者及び施設従事者等による高齢者虐待に適切な対応が図られるよう基礎知識と対応の考え方について学び、専門的視点や技術を習得し、実践力の向上を目的とした研修を開催します。

日時(3日間の研修)

講義(共通) 平成30年6月27日(水)9:30~16:30(受付開始9:10)
演習1(従事者虐待) 平成30年7月18日(水)9:30~16:15(受付開始9:10)
演習2(養護者演習) 平成30年7月23日(月)9:30~16:15(受付開始9:10)

※演習は、講義を受講された方を対象に、より実践に近いかたちで進める研修です。 演習1・演習2は、両方又はいずれかを選択して受講することができます。

会場

長野県総合教育センター 講堂

受講者

  1. 養護者及び養介護施設従事者等による高齢者虐待を担う市町村職員
  2. 養護者及び養介護施設従事者等による高齢者虐待を担う地域包括支援センター職員
  3. 保健福祉事務所職員
  4. 高齢者虐待対応等に関わる社会福祉士及び弁護士

受講料

無料(テキスト代 2,000円)

※請求書で支払いされる場合は領収書の発行はしませんのでご了承ください。

定員

150名(定員になり次第締め切り)

申込方法

 別紙様式で平成30年6月13日(水)までに、長野県社会福祉士会にFAX(026-266-0339)またはEメール(info@nacsw.jp)でお申込みください。
 なお、市町村・地域包括支援センター・保健福祉事務所の方は、長野県健康福祉部介護支援課から周知がありますので、そちらでお申込みください。
(申込期限を過ぎてのキャンセルはテキスト代の支払いが生じますのでご注意ください。)

 

市町村・地域包括支援センター都道府県のための養護者による高齢者虐待対応の手引

平成22年3月に社団法人日本社会福祉士会において、厚生労働省老人保健健康増進等事業で策定した「市町村・地域包括支援センター都道府県のための養護者による高齢者虐待対応の手引き」をダウンロードすることができます。

 

市町村・都道府県のための養介護施設従事者等による高齢者虐待対応の手引

「市町村・都道府県のための養介護施設従事者等による高齢者虐待対応の手引き」をダウンロードすることができます。

 

1 / 1512345...10...最後へ »