お知らせ

北信地区「長野の医療・福祉現場における『保証問題』を考えるセミナー」のお知らせ

お知らせ, 北信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

北信地区「長野の医療・福祉現場における『保証問題』を考えるセミナー」

1.趣 旨

 現在、少子化高齢化の進展並びに社会環境の変容により、単身世帯の増加、親族の減少と関わりの希薄化といった状況が顕著になっています。これにより医療・福祉の現場では「入院や入所の際の身元保証問題」が大きな問題となっています。
 本セミナーは、権利擁護事業に携わる関係者が一堂に会し、当該問題に関しての現状と課題について共有し、今後の在るべき地域像の共有とそれに向けた連携の在り方について確認することを目的として開催するものです。

2.日 時

  平成30年2月17日(土)13:00~16:00

3.会 場

      児童発達支援センター「にじいろキッズらいふ」
          (長野市若里6-6-14)

4.内 容

 『第1部 基調講演』
  テーマ:「身元保証の光と影-成年後見制度を踏まえ-」
  講 師: 熊田 均 氏(弁護士:愛知県 熊田法律事務所)
 『第2部 シンポジウム』
  テーマ:「長野における保証問題の現状と今後の展望」 

5.参加費

  無 料

6.申込方法 

添付申込書により2月9日(金)までにFAXもしくはメール(info@nacsw.jp)にてお申込みください。

7.案内チラシ

中信地区全体研修会「地域共生社会の実現にむけて」のお知らせ

お知らせ, 中信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

中信地区全体研修会「地域共生社会の実現むけて~福祉専門職として いかに取り組むか~」

1.趣 旨

 少子高齢化・人口減少が進み、地域の持続可能性の危機がさけばれる昨今、福祉ニーズは多様化・複雑化し、高齢/障がい/児童等の制度・分野ごとの「縦割り」では解決できない課題が顕在化しています。国は「我が事・丸ごと」地域共生社会の実現を福祉改革のコンセプトに据え、動き始めました。このような状況の中、私たち社会福祉士はじめ福祉専門職は、地域においてどのような役割をはたしていけばよいか考えてみたいと思います。

2.日 時

  平成30年1月28日(土)14:00~16:45

3.会 場

      松本大学5号館522教室

4.内 容

 『第一部 事例報告』
  地域共生社会の実現に向けた社会福祉士の取り組み
 ①ひきこもり経験者として、専門職としての課題と今後について
  磯田 一馬 さん (長野県社会福祉士会 福祉活動委員)
 ②生活困窮者支援とフードドライブの活動について
  村上 晴久 さん (松本市社会福祉協議会 まいさぽ松本 センター長)
 『第二部 基調講演』

  「地域共生社会の実現とソーシャルワーク」
  講師: 原田 正樹 先生(日本福祉大学学長補佐・社会福祉学部教授)

5.参加費

  無 料

6.申込方法 

添付申込書により1月21日(日)までにFAXもしくはメール(info@nacsw.jp)にてお申込みください。

7.案内チラシ

諏訪ブロック学習会「認知症を抱える方の支援について考える」のお知らせ

お知らせ, 南信地区, 研修会・学習会

投稿日:

 南信地区諏訪ブロックでは、「認知症を抱える方の支援について考える」と題し、下記日程で学習会を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 

              認知症を抱える方の支援について考える

                  ~諏訪の各地の取り組みから~

 

日時:平成30年1月18日(木)19時~20時30分

場所:湯小路いきいき元気館

内容:諏訪の中で認知症を抱える方の支援を地域で展開している事例を伺い、参加者が自分でできることやこれからの課題を考えましょう。

参加費:無料

案内チラシ H30.1.18諏訪ブロック学習会チラシ

成年後見制度利用促進・権利擁護推進セミナーのお知らせ

お知らせ, 研修会・学習会

投稿日:

成年後見制度利用促進・権利擁護推進セミナー

1.趣 旨

 「成年後見制度利用促進法」が昨年5月に施行し、国においては「成年後見制度利用促進基本計画」が今年3月に閣議決定されました。
 この基本計画では、各地域における連携ネットワーク及び中核機関については、『広報機能、相談機能、成年後見制度利用促進機能、後見人支援機能の4つの機能について、段階的・計画的に整備されることが求められるとともに、不正防止効果にも配慮すべきである。』としています。
 このような状況の中で、成年後見制度利用促進に向けて、市町村行政・関係機関、専門職団体の役割を明確にして成年後見制度の利用促進を図る方法等について研究協議することを目的に開催します。

2.日 時

    平成30年1月23日(火) 13:00~16:30

3.会 場

    塩尻総合文化センター 講堂

4.内 容

   講演:成年後見制度利用促進基本計画と成年後見制度の現状と課題
   講師:西岡 慶記氏(最高裁判所事務総局家庭局 局付裁判官)

   シンポジウム:「 自己決定権の尊重と地域における連携
                    ネットワークづくり」

   シンポジスト
     西岡 慶記氏(前掲)
     五味 弘行 氏(長野県弁護士会、高齢者・障害者委員長)
     高野 哲浩 氏(リーガルサポートながの支部長)
     三村 仁志 氏(長野県社会福祉士会 前会長)
     矢澤 秀樹 氏(上伊那成年後見センター所長)
   コーディネーター
     山口 光治 氏(淑徳大学副学長・教授、
     日本社会福祉士会・後見利用促進等研究委員会WG委員長)

5.定 員

   300人

6.参加費

   無 料

7.申込方法 

 様式により1月15日(月)までにFAX(026-266-0339)もしくはメール(info@nacsw.jp)にてお申込みください。

8.案内チラシ

■成年後見促進権利擁護推進セミナー

北信地区学習会「社会福祉士として高齢者とその家族の権利擁護 と支援について考える~事例を通して~」のお知らせ

お知らせ, 北信地区, 地区活動, 研修会・学習会

投稿日:

社会福祉士として高齢者とその家族の権利擁護と支援について考える   ~事例を通して~

 近年、高齢者を取り巻く情勢、環境は益々複雑化しています。
 高齢者を含めた機能不全家族など多世帯・多問題に対し、軸にするべき権利擁護の視点とは?家族関係修復に向けた支援の在り方とは?
 社会福祉士として私達がどの様な視点・方法で支援していくか事例検討を通して意見交換し、学び合いたいと思います。

1 日 時

  平成29年12月14日(木) 19:00~20:30

2 会 場

  長野市ふれあい福祉センター 4階

3 事例提供者・助言者

  事例提供者:和田 健太郎氏
 (本会会員、長野市地域包括支援センター 篠ノ井総合病院)
  助  言  者 :宮本 雅透氏
 (本会虐待対応委員長)

4 内 容

 高齢者本人の言動により精神的な苦痛を長年抱えている家族それぞれの権利擁護について考える

5 申 込

 氏名及び連絡先を明記の上、支部役員のいずれかにメールにてお申込ください。(アドレス下記案内参照)

6 締め切り

  12月7日(木)

 

7 案内チラシ

2 / 1412345...10...最後へ »